メンバー便り

「ウィルソンが見た鹿児島」in神保町

屋久島の古居さんから東京堂書店神保町本店で彼女の近著「ウィルソンが見た鹿児島」のプロモーション中とのメールをいただいた。この書店は初めてだったが、選び抜かれた書籍が整然と分類され、2階にはカフェもあり、ゆっくり本を楽しめる雰囲気がとてもよかった。彼女の本は平積みされ、専用のコーナーにウィルソンの撮った写真が展示してあった。2017年には沖縄県立博物館、2019年には上野の国立科学博物館での企画展が…続きを読む

垂水市環境基本計画

一昨年の2015年7月から、小栗先生とともに垂水市環境基本計画策定に参画し、今年2月に無事、市長に答申することができた。最大の特徴は、小栗先生が7年前から指導してこられた市民自らが作る地区別地域振興計画と連携・補完する計画になっていることだ。地域振興と環境保全は対立構造になりがちだが、住民が自ら地域の環境保全活動に関わることが、実は地域づくりに繋がっていくことを志向する計画になった。今後、どのよう…続きを読む

かごしま森のようちえん卒園式

毎年この季節になると、元気な子どもたちの卒園式に参加する。今年も3月17日にあった。土にも触れない子が数日もすると森の中を走り回り、目に見えて成長する。今年は5名が卒園した。 活動を始めて9年、NPO法人になって4年が過ぎた。現在約20名が毎日通ってくる。 吉野町の磯川沿いの斜面一帯約1000㎡の広さの雑木林がフィールドだ。 ”センス・オブ・ワンダー(感性を育むこと)”が基本理念。今年も卒園証書…続きを読む

カマキン閉館

鎌倉近代美術館(正式には神奈川県立近代美術館・鎌倉)が去る1月31日で65年の歴史に幕を閉じた。昨年12月のNHK日曜美術館で特集が組まれ閉館を知った。行こうと決めて結局、最終日となった。 占領下の昭和26(1951)年に、川端康成など地元ゆかりの文化人が呼び掛けてできた日本で最初の公立美術館である。「カマキン」の愛称で呼ばれ地元の人々から愛された。入場券を買うのにも長い行列ができた。 …続きを読む