メンバー便り

かごしま森のようちえん卒園式

毎年この季節になると、元気な子どもたちの卒園式に参加する。今年も3月17日にあった。土にも触れない子が数日もすると森の中を走り回り、目に見えて成長する。今年は5名が卒園した。 活動を始めて9年、NPO法人になって4年が過ぎた。現在約20名が毎日通ってくる。 吉野町の磯川沿いの斜面一帯約1000㎡の広さの雑木林がフィールドだ。

”センス・オブ・ワンダー(感性を育むこと)”が基本理念。今年も卒園証書を授与した。「あなたは雨の日も冬の寒い日も毎日森に通い、たくさんの命と触れ、森の妖精とともに過ごしたことを証します。」

森(自然)は厳しい時もあり、子どもたちは知らず知らずのうちに助け合うようになる。「生きる力は幼少期の自然体験と深く関わる」という報告があるが、感性を育むことは、どうやら優しさと強さを一緒に育むことに繋がる。 9年の経験から得られた確信である。卒園児がどのような大人になっていくのか楽しみだ。起業した市川女史をはじめ、スタッフの努力と保護者のご協力には頭が下がる。

◎かごしま森のようちえん http://child-nature-labo.com/

sotugyoushoshojuyo

卒業証書授与

aozorahiroba

卒園式会場 青空広場

youtienfirudo

かごしま森のようちえんフィールド

(一般社団法人地球温暖化防止全国ネット 岩田治郎)