メンバー便り

皇居乾通り一般公開

今年も12月5日から9日まで皇居乾通りが一般公開された。少し早メシをして現場に走った。昨年,天皇陛下の傘寿を記念して春季と秋季に各5日間ずつ実施した一般公開が大変好評であったことから毎年,春季の桜と秋季の紅葉の時期に実施することとなったようだ。

案の定、多くの見学者で溢れていたが、待ち時間もなく中に入れた。乾通りは吹上御苑の淵を走る坂下門から乾門までの750mの道で、東御苑と蓮池濠を挟んで接している。1日に12,3万人として期間中60万人以上が見学に来たことになる。

乾通り・坂下門すぐ 

乾通り・坂下門すぐ

乾通り・局門前

乾通り・局門前

導線は南側の桜田門からだけ入場ができ、乾通りを直線で抜けるコースと、途中から東御苑に分かれるコースがあった。一方通行で徹底した誘導なので流れは比較的スムース。外国人の見学者も多く見られた。鹿大キャンパスや垂水の千本イチョウの黄葉ぐらいしか知らない私にとっては、様々な樹木の紅葉や黄葉をまとめて見るのは初めてで、モミジとカエデでも色は異なるなどたくさんの変化を楽しめた。特に、二の丸雑木林は気に入り、しばらく時間を過ごした東御苑は一般公開されているので、雑木林にはいつでも来られるなと思いつつ、帰りは大手門から日経、経団連ビルを抜けて職場まで徒歩17分だった。

東御苑・桃華楽堂前

東御苑・桃華楽堂前

東御苑・大奥跡

東御苑・大奥跡

東御苑・百人番所前

東御苑・百人番所前

東御苑・二の丸雑木林(1)

東御苑・二の丸雑木林(1)

東御苑・二の丸雑木林(2)

東御苑・二の丸雑木林(2)

ところで宮内庁生協が年末に日本酒、焼酎、ワインを限定販売しており、縁あって焼酎を入手した。銘は、本格焼酎「権之助甕 甕仕込み 二重橋」。製造元は軸屋酒造(さつま町)とあった。

nijyubashi

(一般社団法人地球温暖化防止全国ネット 岩田治郎)