メンバー便り

リメンバー・パールハーバーのその後

12月7日(日本時間では8日)は真珠湾攻撃の記念日である。

真珠湾攻撃は太平洋戦争開戦の刻印として重大な歴史的事件だが、それに先立ち攻撃に参加したパイロットたちが鹿児島湾(錦江湾)で事前に演習を行っていたという事実は、地元でもそれほど知られたことではないだろう。

『鹿児島環境学Ⅲ』にも書いたが、戦争とは当事国同士の戦いであるとともに、それぞれの自然条件に対する挑戦でもあり、別の側面からいえば、人間の科学技術の進展による環境破壊でもある。ハワイ学者のジョナサン・オソリオ氏によれば、真珠湾は米国の軍事拠点となる以前は、ハワイの先住民にとって大切な豊かな漁場だったという。

71年目に当たる今年の同日早朝、日本から訪問中の研究仲間とともに、真珠湾のアリゾナメモリアル(戦艦アリゾナの記念施設)を望む場所で行われた記念式典に参列した。生存者の数も年々少なくなっているなかで、式典では戦争世代、現在の現役世代、将来を担う子供たちという三世代がともに真珠湾攻撃を記憶し、記念するというかたちを強調するような演出が施されていた。

アリゾナメモリアル

式典会場から望むアリゾナメモリアル

ただし、記憶・記念といっても、戦時中のように対戦国日本への敵意を高揚させるための「真珠湾を忘れるな(リメンバー・パールハーバー)」というスローガンではなく、むしろ恩讐を超えた友情を構築してきたその後の歴史が強調されていた。そこには、もちろん国家間の同盟関係が念頭に置かれてもいるのだろうが、それ以上に、1991年50周年の式典以来その生涯にわたって育まれた故阿部善次氏と故リチャード・フィスク氏の間の友情に象徴されるように、生存者同士の和解にむけたこれまでの真摯な取り組みに対する敬意が、多くの人の口から聞かれた。

そのひとりジェローム・A・カウフマン氏は、今も1177名の犠牲者とともに真珠湾に眠る戦艦アリゾナから少しずつ漏れ出しているオイルが水面に描き出す表情を写真に納め、今年『再生―黒い涙の地で』というタイトルの写真集を今年出版した(http://imagesofrenewal.com/)。カウフマンさんはその写真集の中でも、阿部さんとフィスクさんの友情について取り上げているが、二人がアリゾナメモリアルの追悼空間で握手している写真を載せたページを私に見せながら、批判も覚悟の上で和解のために再度真珠湾に訪れた阿部さんのことを「自分のヒーローだ」と語ってくれたのが印象的だった。会場には、阿部さんが2007年に亡くなった後も、その意志を引き継いで毎年訪問されている娘さん夫妻の姿もあった。その後訪れた、パールリッジ小学校では、国立公園局のレンジャーが二人の友情を物語にした絵本の読み聞かせを行なっていた。

ジェローム・カウフマン氏

ジェローム・カウフマン氏(左側。右は筆者の研究仲間の粟津賢太氏)

読み聞かせ

読み聞かせを行なうレンジャー(右側)と、真珠湾攻撃生存者のスターリン・コール氏(中央)

今回の一連の行事では、時間を越えて記憶し、語り継ごうという努力のなかに、それをより良いものにしていきたいという思いの強さを感じた。もちろん、その裏にはきれいごとでは済まないさまざまな葛藤が存在しているのも事実だが、別の人が語ってくれたように、それを解決するのもまた時間である。けっしてたやすいことではないが、鹿児島でも、また別の場所でも実践していきたいことである。

(鹿児島環境学WGメンバー 西村明)