お知らせ

鹿児島環境学研究会in奄美大島 「秋名・幾里の環境文化を知る・見つけるシンポジウム」を開催しました。

 1月28日に、大島郡龍郷町幾里の秋名コミュニティセンターで「秋名・幾里の環境文化を知る・見つけるシンポジウム」を鹿児島大学鹿児島環境学研究会が、環境省那覇自然環境事務所、鹿児島県と共催により開催しました。龍郷町や奄美市から約90人が参加し、事例発表や集落散策などを通して秋名・幾里の環境文化について考えました。
 冒頭の挨拶では、環境省奄美自然保護官事務所の千葉康人上席自然保護官が環境文化型国立公園について解説されました。
 第1部:「環境文化を知る」では、法文学部地域社会コースの小栗有子准教授(鹿児島環境学研究会)が進行し、(公財)屋久島環境文化財団北原和博事務局長から環境文化村構想と里めぐりについて、NPO法人すみようヤムラランドの和田美智子さんから民泊導入の経緯や体験メニュー「タナガ捕り」などの紹介、鹿児島県立大島北高等学校聞き書きサークルからは、シマの古老に豊かな島の恵みや生活の知恵について聞き、シマの伝統文化を学びながら交流している様子が紹介されました。奄美市立奄美博物館の高梨修学芸員からは、環境文化型国立公園を基軸とした博物館のリニューアル構想について発表がありました。
 第2部:「足元の環境文化をさがす」では、かごしまCOCセンターの星野一昭特任教授が進行。秋名・幾里からアラセツ行事保存会の窪田圭喜会長、秋名集落の隈元巳子区長、生活研究グループ「まーじんま」の山田眞砂子さん、秋幾農業創成塾メンバーの國山教子さんから、集落での活動紹介があり、共通教育センターの桑原季雄教授が、桜島の火山灰を利用した垂水の活動等を紹介しながら、外からの視点で考えた環境文化について発言しました。
 第3部:「環境文化を調べる」では、山や川と暮らしの関りを調べる【山・川コース】と、海と暮らしの関りをめぐる【海コース】に分かれ、小雨の中、2時間ほど集落散策をしながら、秋名幾里集落の環境文化を体験しました。【山・川コース】では琉球石垣やショチョガマの祭場、神道(カミミチ)などを桑原教授と窪田会長が説明しながら散策しました。【海コース】では、法文学部多元地域文化コースの小林善仁准教授(鹿児島環境学研究会)が昭和35年をキーワードに集落の変化について説明し、國山教子さんが集落にある植物を活用した食文化や平瀬マンカイの祭祀について思い出をまじえながら説明しました。
 シンポジウムは、「秋名・幾里の環境文化を知る・見つけるシンポジウム宣言」を参加者全員が承認して終わりました。この宣言は「まーじん ゆらてぃ むかしぬ むんずくりば ゆるくでぃ のこそやー!(みんなで集まって 昔のものづくりを 楽しんで残していこう!)」という集落の皆さんの想いを実現するためのもので、今回登壇された秋名・幾里集落の皆さん、龍郷町地域おこし協力隊の村上裕希さん、桑原季雄教授、星野一昭特任教授、小栗有子准教授が事前に話し合いながら案を作成しました。隈元巳子区長が宣言を読み上げたのち、参加者を代表して奄美市から参加された あまみエフエム・ディ!ウェイヴの麓憲吾さんとサーモン&ガーリックの新元一文さんが集落活動の支援とそれぞれの地域の環境文化の確認を約束する宣言後段を読み上げ、参加者全員がそれに賛同して宣言が承認されました。

秋名・幾里の環境文化を知る・見つけるシンポジウム配布資料(PDF-zipファイル:5.93MB)

秋名幾里の環境文化を知る・見つけるシンポジウム宣言全文(PDF:83.5KB)

秋名・幾里の環境文化を知る・見つけるシンポジウム記録集(PDF-zipファイル:24MB)

CIMG3415 CIMG3467
第1部の様子 第2部の様子
CIMG3592
第3部:山・川コースの様子 第3部:海コースの様子
PIC_0016 IMG_2972
隈元巳子区長による宣言の様子 宣言作成中の様子