刊行物

鹿児島環境学研究会in奄美大島『屋久島から学ぶ、本音で語る奄美の世界自然遺産記録集』について

鹿児島環境学では、2017年3月2日(木)に奄美市で『屋久島から学ぶ、本音で語る奄美の世界自然遺』を開催しました。

DSCN0408

<鹿児島環境学研究会in奄美大島 開催概要>

屋久島から学ぶ、本音で語る奄美の世界自然遺産
・会場:奄美観光ホテル4F平安の間
・日時:2017年3月2日(木)18:00~20:30
・講演:田中 準 環境省屋久島自然保護官事務所首席自然保護官
・主催:鹿児島大学鹿児島環境学研究会
・協力・後援:環境省那覇自然環境事務所、鹿児島県、奄美群島広域事務組合、奄美市

 

2008年から4年間、奄美野生生物保護センターで勤務されていた元奄美自然保護官事務所自然保護官、現屋久島自然保護官事務所首席自然保護官の田中準さんをお招きし、
行政関係者や観光関係、一般の方々など来場者約100人を前に、奄美と屋久島両方を知る視点から、多くのデータを基に世界自然遺産にまつわる「本音」についてお話ししていただきました。

※この記録集をこちらから閲覧(ダウンロード)いただけます。
DL版『屋久島に学ぶ、本音で語る奄美の世界自然遺産記録集』DLver.yakushima (PDF:2.48MB)