東京通信

築地市場

12月半ば、築地市場に出かけた。ここも今年が最後になるかもしれないし。というか、例の騒ぎがなければ、11月にはすでに豊洲に移転しているはずだった。 土曜日ということもあって、思ったよりずっと人が多い。そもそもこの時期は人が多いのか、あるいは私と同様に今年限りの気分で来たのだろうか。中国人観光客が多いのにも改めて驚いた。中国への土産物には生鮮食料品はあまり向かないようにも思うが、定型の観光コースに…続きを読む

銀座の白くま

11月の東京はクリスマスと正月が混在する。つい先日まで大騒ぎしていたハロウインは、もう影も形もない。上野駅構内に大きな熊手があった。最近は毎年出ているようである。 銀座を少し歩いた。それなりにクリスマス・モードだったが、まだ日があるせいか全体にやや地味目の印象である。あるいは今年という年が、そもそもそういう気分なのかもしれない。あちこちで工事中のところが多く、銀座も大きな変わり目のようである。 …続きを読む

はまなすの丘海浜公園

10月半ば北海道石狩市へ行った。札幌の近くだからよく知っているようで、じつはあまり知らない。子供の時は海水浴に行ったような記憶がある。むかしは石狩町だったがいつの間にか石狩市になっている。 石狩市の南は小樽に接し市の最北は浜益(はまます)で、南北80キロと日本海に沿って長い。浜益の北に増毛町がある。この一帯は陸の孤島で、「増毛―雄冬」間の国道が開通したのは、なんと平成4(1992)年のことだ。そ…続きを読む

肉食系女子会

天文館に花椿三十郎という看板があった。新しくできた居酒屋らしい。表から見た感じでは、サラリーマンや学生向きの店だろうか。黒澤明の映画「椿三十郎」から取った名前のようである。封切られたのは昭和37(1962)年、半世紀も前のことだ。たしか正月に札幌の映画館で見た記憶がある。三船敏郎の椿三十郎と、仲代達也扮する室戸半兵衛との決闘シーンが迫力だった。当時は映画の全盛期だったが、なかでもこの映画はダントツ…続きを読む