東京通信

しもふり商店街

家から車で10分ほど走るとしもふり商店街だ。山手線駒込駅から200メートルぐらいの距離にある。「しもふり」は、「霜降り」で、江戸時代には霜降橋という小さな木橋があったという。ちょうどすり鉢の底状の地形に位置しているから、むかしは寒かったのだろう。 商店街といってもせいぜい数百メートル、魚屋、八百屋などごくごく小さな店が軒を連ねる。新旧の店が点在する、むかしながらの商店街である。歩いているのはたぶ…続きを読む

東京の中の鹿児島

上野駅公園口を降りて左手に少し歩くと西郷像がある。ユカタ姿で犬を連れた、例の有名な銅像だ。犬は薩摩犬だという。維新後征韓論争に敗れて鹿児島に戻り、兔狩りなどをもっぱらにしていたころのイメージだろう。つくられたのは明治31(1898)年。 鹿児島の鶴丸城址の一角にある西郷像は陸軍大将の正装で顔もいかめしい。こちらは昭和12(1937)年建立。一見、鹿児島のものは武張って、上野は民主的な姿に見えるが…続きを読む

大学キャンパス

これほどの大雪が鹿児島に降るのはめずらしい。降ったのは2年前の大晦日のことである。この写真は鹿児島大学キャンパスのメインの通り、ワシントン椰子の並木に雪が舞った。 全国の大学を見て歩くと、歴史なのかあるいは大学のもつ性格なのか、それぞれに特徴がある。北大のポプラ並木はあまりにも有名だ。何年か前の台風で大木がかなり倒れたというが、写真の撮りようによってはそれなりに回復している。この大学は札幌農学校…続きを読む

東京スカイツリー

最近の東京の話題といえばスカイツリーである。世界一高いというのはなんともいえず魅力があるものらしい。東京タワーが333メートル、スカイツリーは634メートルだから、たしかに倍近い高さだ。高ければいいのかという疑問もあるが…まあ、いいのかな。 東京タワーは、むかしはそれほどでもなかったが、いつの頃からか結構好きになった。ライトアップが成功した数少ない例かもしれない。皇居前など、ビルの谷間に浮かぶ…続きを読む