東京通信

2018 → 2019

 年末年始は、日本列島の全域に大雪が降るとのウワサがある。

正月とかゴールデンウイークとか、人が動くときは出かけないようにしているからあまりピンと来ないが。正月の都心は、車も少なくて意外に心地よいし。

 年末、友人と気まぐれで鶯谷の駅近くにある焼鳥、中華屋に行った。どういう理由か、山手線鶯谷駅周辺はラブホテルが蝟集していて、飲屋もその中というか続きというか、一帯にある。年末の昼下がりだが、客は結構入っていて、しかも安い。一角に元三島神社があり、出来たての茅の輪があった。
 ずい分以前の鹿児島時代、屋久島で大晦日、初日の出という時があった。たしか、NHKのゆく年くる年に屋久島が出た時ではなかったかなぁ。とすると、たぶん平成4年の12月31日だろう。
 大雪の鹿児島元旦ということもあった。大晦日から降り出した雪が、正月にも残り、桜島の雪景色を数日見ることができた。市内の西郷像も雪を被っていた。

平成30年12月27日

鶯谷元三島神社 茅の輪

平成22年12月31日

鹿児島 雪の西郷像