東京通信

シン・ゴジラ

          

 
 新宿歌舞伎町にゴジラがいた。ビルの屋上から街を見下ろしている。ぎょっとしたが、よく考えると東宝系のシネコンがあるビルだから、ゴジラがいてもおかしくないかな?
 シン・ゴジラという映画が大当たりした。2016年公開。環境省野生生物課の課長補佐が大活躍して日本を救う。首相やその周辺がみんな死んで、この女性課長補佐がいつの間にか課長代理になって、獅子奮迅の働きをする(らしい)。らしいというのは、じつはまだ見ていないからである。
 アメリカ版のゴジラ「GODZILLA」というのもあった。1998年公開だから、20年も前のことだったのか。
 ゴジラは1954年の東宝映画が初登場である。映画を見た記憶はないが、映画の前に少年雑誌の絵入り小説を読んだ記憶がある。当時はかなり凶悪な怪獣だった。ビキニ環礁の水爆実験で海底から甦ったという設定。たしか、口から放射能の火を吐く。1954年は、遠洋漁業に出かけた第五福竜丸が、ビキニで水爆実験の灰を浴びた年でもあった。
 シン・ゴジラでは、野生生物課長(当時)が、課長(つまり自分)は一度も映画に登場せずに死んでしまった、とボヤいていた。 
IMG_9267 IMG_9267
歌舞伎町、
ビルの屋上から街を睥睨するゴジラ
日比谷・鹿児島物産販売所
「遊楽館」前のゴジラ