東京通信

忠犬ハチ公

 東大に忠犬ハチ公像があった。ハチ公没後80周年の2015年につくられたらしい。ハチ公といえば渋谷であるが、東大では飼い主も登場している。
 秋田犬ハチの飼い主は東京帝国大学教授の上野英三郎。農業土木の草分けで当時駒場にあった農学部に通っていた。出張する時は渋谷駅から出かけ、いつもハチが見送った。
 ハチは1923(大正12)年に生まれてすぐ上野宅に来た。犬好きの上野はたいへん可愛がった。しかし1925年に上野は急逝する。出張に出かけたと思ったハチは、以来10年間11才で亡くなるまで駅で主人の帰りを待ち続けた。
 渋谷のハチ公像は1934(昭和9)年に立てられた。除幕式には本人、つまりハチも出席した。その翌年に死んだ。
 駅で待ち続けた10年間の、前半ではけっこう邪険にされたという。美談になったのはその姿が新聞で紹介されてからで、忠君愛国の時代風潮も後押しした。プロレタリア作家の小林多喜二が特高に虐殺されたのは1933年のことである。
 犬といえば、上野の西郷像も犬を連れている。この犬は薩摩犬という小型の猟犬で、ウサギやイノシシ狩りによく連れて歩いた。むかしの屋久島には屋久島犬がいて農作物を狙うサルなどを追い払っていたという。その屋久島犬もいまはもういない。
 犬はもっとも古いペットあるいは家畜である。おおよそ1万5千年ほど前には人と暮らしていたというから、人間との付き合いには年季が入っている。

 

IMG_5366 (2) IMG_7611
渋谷・忠犬ハチ公像

(昭和23年に再建された2代目像)

東大・上野博士とハチ公