東京通信

阿蘇地震

一瞬、ぐらっときた。日比谷公園近くの、ビルの17階で食事中だった。 時間は夜の9時半を過ぎたころである。大したことはないと思ったが、思えばこれが熊本地震だった。

阿蘇のカルデラの底に3年いた。平成7年から10(1995~1998)年までのことである。 当時は、環境省の九州統括事務所が阿蘇にあった。阿蘇神社は住宅から500メートルと近く、遊びに来た友人などとよく行った。 熊本城の石垣が崩れたのにも驚いたが、阿蘇神社の楼門の崩壊はさらに衝撃だった。

平成5(1993)年8月6日の鹿児島水害のときは県庁にいた。旧庁舎に一晩閉じ込められた。 阪神大地震は、環境庁の水質保全局にいて、対策や復興のいわば当事者でもあった。

私の個人的体験だけでも、こうしてしばしば災害絡みであるのは、この国が災いかに災害大国であるかを示している。

東北大水害から1年半後に、宮城から岩手を見て歩いた。まだ災害が生々しくそこにあった。

―地震で崩壊した、阿蘇神社楼門

地震で崩壊した、阿蘇神社楼門

―陸前高田、陸に取り残された漁船

陸前高田、陸に取り残された漁船

(鹿児島環境学WGメンバー 小野寺浩)