東京通信

はまなすの丘海浜公園

10月半ば北海道石狩市へ行った。札幌の近くだからよく知っているようで、じつはあまり知らない。子供の時は海水浴に行ったような記憶がある。むかしは石狩町だったがいつの間にか石狩市になっている。

石狩市の南は小樽に接し市の最北は浜益(はまます)で、南北80キロと日本海に沿って長い。浜益の北に増毛町がある。この一帯は陸の孤島で、「増毛―雄冬」間の国道が開通したのは、なんと平成4(1992)年のことだ。それまでは雄冬への交通は船か山道しかなかった。

昭和54(1979)年に「駅STATION」という映画があった。その舞台が増毛だ。雄冬の実家に帰ろうとする高倉健が、吹雪による欠航で増毛に泊まる。増毛駅前の居酒屋の女将が倍賞千恵子。大晦日に2人で紅白歌合戦を見る。店に流れるのが八代亜紀の舟唄だった。倉本聰原作、降旗康男監督。

石狩市の南、小樽にまたがる広大な石狩新港の一角に海浜公園がある。矮性のはまなすがたくさん自生していた。遠くに見える石狩灯台は明治41(1908)年建設と古く、木下恵介の映画「喜びも悲しみも幾年月」(佐田啓二、高峰秀子主演)の舞台になった。

江戸時代から明治半ばにかけて盛んだった北前船は、カズノコや鰊など北海道の海産物を日本全国に大量に流通させた。薩摩藩は北海道の昆布を入手して琉球経由で中国にまで売り、大いに潤ったという。

IMG_9837 (2) IMG_9580
石狩市海浜公園。
小さく見えるのが石狩灯台
浜益番屋。
鰊の加工場だったが今は博物館になっている

 

(鹿児島環境学WGメンバー 小野寺浩)