東京通信

某月某日その3

ざくろの花

ざくろの花が咲いた。やや濃い目のだいだい色で、小さな緑の葉が密集した木に咲く。花も小さく、秋になるとあの赤い大きな実がなるのが不思議である。日本には平安時代に中国経由で入ってきたという。近頃八百屋で巨大なざくろを見かけることがあるが、あれはカナダ産だったかな。

ライラック

ちょうど今ごろ、札幌ではライラックが咲く。これもたぶん北米から渡ってきたのだろうか。日本自生のものもあって、ハシドイという。北大植物園や、最近では札幌郊外にライラック公園なるものまでできた。それらを見るとじつにたくさんの品種があるようだ。本来北のものらしく、東京ではほとんど見かけない。

東京南大塚のざくろの木

東京南大塚のざくろの木

北大植物園のライラック

北大植物園のライラック

 

ほおずき市

7月は浅草ほおずき市だ。たしか7月の9日から10日だった。この日浅草寺にお詣りすると、1回で4万6千日分の御利益があるという。ほおずき市は全国あちこちにあるが、浅草がもっとも大規模で華やかである。浅草で売っているほおずきは、鉢植えが茨城、切り花は九州宮崎あたりから来るという。

口永良部島

6月初め屋久島に行った。屋久島の12キロ先にある口永良部島の新岳が大噴火して、137人の島民全員が屋久島に避難した。現地はマスコミが溢れて大変だった。今度の噴火では9千メートルの噴煙が上がったというからすごい。桜島の噴煙はせいぜい2千メートル、大きくても4千メートル規模だから、今回の噴火の大きさがわかる。もっとも7300年前の鬼界ヶ島海底火山の爆発では、30キロ南の屋久島はもちろん、南九州全域が60センチの火山灰に覆われたという。

浅草ほおずき市

浅草ほおずき市

屋久島いなか浜から見た口永良部島

屋久島いなか浜から見た口永良部島

(鹿児島環境学WGメンバー 小野寺浩)