東京通信

かごしま遊楽館

東京の有楽町にあるから「遊楽館」というのだろうか。場所がいいこともあって、鹿児島県の物産館、アンテナショップである「かごしま遊楽館」は大人気のようだ。近くに帝国ホテル、東宝劇場、霞が関の官庁街からも昼飯圏にある。

全国の県はだいたい東京に物産店を持っているが、見たところ、北海道がダントツ人気である。次いで京都、沖縄などの人気があるようだ。各県たぶん1ヶ所程度の出店だが、北海道はプラザはあちこちにある。震災後、最近とくに福島の観光、物産のポスターが目につくが、福島館はどこにあるのか行ったことはない。

遊楽館は1階が物産販売、2階が黒豚しゃぶしゃぶの店、3階が工芸品どの展示場となっている(らしい)。3階には行ったことがない。立地が抜群だからビルの賃貸料も高く(たぶん借りてるのかな)、最初に出店するに当たっては賛否があったというが、結果は大成功のようである。2階のしゃぶしゃぶ店は鹿児島の新興勢力で、鹿児島はもちろん、あっという間に全国展開した。何年か前、札幌駅ビルのレストラン街で偶然見かけ、驚いたことがある。

かごしま遊楽館正面

かごしま遊楽館正面

ゴジラ越しの遊楽館

ゴジラ越しの遊楽館

遊楽館内部。しかし焼酎25万円!

遊楽館内部。しかし焼酎25万円!

有楽町交通会館内の北海道どさんこプラザ

有楽町交通会館内の北海道どさんこプラザ

◎かごしま遊楽館 https://www.pref.kagoshima.jp/yurakukan/

(鹿児島環境学WGメンバー 小野寺浩)