東京通信

タバコをめぐる状況

タバコをめぐる状況が大きく変わったのは、20年ほど前だっただろうか。自治体が次々と禁煙条例をつくり、嫌煙の動きはどんどん拡大してきた。東京も23区の主要部分はほぼ全滅じゃないかなぁ、路上喫煙は。

戦後の映画を見ると、邦画洋画にかかわらず出演者はじつによくタバコを喫う。ハンフリー・ボガードも高倉健も、女優の淡路恵子なども、かっこ良く喫っていた。嗜好というより一種のファッションだったんでしょうね。いまや喫わないのがファッションだけど。

大学での喫煙はほぼ全滅で、建物内はもちろんダメだし、キャンパスの片隅のわかりにくいところに細々と喫煙所がある。ちなみに大学では飲酒にも厳しくなりつつあって、大学祭ではほとんどの大学が禁酒になっている。数年前に鹿児島大学の学園祭が禁酒になって驚いたが、東大その他の大学もそうなったのはこの2,3年のことだろう。フツーのレストランは禁煙がいまや大部分、どうかすると飲み屋でも禁煙のところが増えつつある。

池袋駅前喫煙所

池袋駅前喫煙所、豊島区役所とあるが、
たばこ産業が出資してるのか?

鹿児島空港喫煙所

鹿児島空港喫煙所

私自身はかなりの愛煙家で、酒とタバコとどちらを取ると迫られたら、間違いなくタバコを選択する自信がある。むかし東京から福岡に出かけたときに、ついつい喫いそびれて福岡空港についてしまった(ここまで4時間ぐらい経過してた)。空港から地下鉄で博多駅にようやく到着、駅前広場でやれやれとタバコに火を付けたら、2人連れのおじさんにここは禁煙地区だと言われて呆然とした。あれは20年ほど前のことだった。いまから思えば、福岡市は嫌煙ムーブメントの先駆け自治体だったのだろうか。

ところで3ヶ月前に風邪を引いて以来、タバコを1本も喫っていない。そろそろ禁煙100日を突破したかも。

大塚駅近灰皿

大塚駅近灰皿、芸術的なほどたまってる

東大農学部1号館横喫煙所

東大農学部1号館横喫煙所。定員4人!
大丈夫か東大

(鹿児島環境学WGメンバー 小野寺浩)